IT~働き方改革

働き方での休みの違い

エンジニアの雇用形態には、大きく分けて非正規と正社員がありますが、ひと月あたりの勤務日数に注目をすることで、各自の希望通りの働き方を選ぶことが大切です。また、大手のIT企業に正社員として就職するためには、長年にわたる経験や情報処理に関する高度な資格が必要となることがあり、将来的に転職を目指すうえで、非正規として数年間の実務経験を積もうとする若者も少なからずいます。最近では、経営状況が安定しているIT企業を中心に、非正規と正社員の勤務条件の格差を是正しようとするところも増えており、たとえ経験が浅い人であっても、しっかりと休暇を取れるケースがあります。もしも、働きながらエンジニアのスキルの向上を目指したい場合には、職場内外での研修制度のカリキュラムにこだわることで、専門的な知識や技術を少しずつ身に付けることが良いでしょう。

また、エンジニアとしてある程度の業務を自律的に行えるようになるまでには、個人差があるものの数年以上の時間が必要となるため、いずれの雇用形態を選ぶ場合であっても、人事の制度がしっかりとしている職場を探すことがポイントです。現在のところ、仕事と家庭生活の両立を果たすために、優れた休暇制度が導入されている企業を選ぼうとするエンジニアが後を絶ちませんが、満足のゆく職場環境で働くうえで、各企業の専門の部署のスタッフの意見を参考にしながら、余裕をもって適性に合った職場を見つけることが大事です。