IT~働き方改革

自分で仕事を選べる働き方

エンジニアになるのを目指してきた人は自分の興味がある技術を習得して活用していこうと考えているでしょう。正社員として就職して働いていると、必ずしもその能力をフル活用できる仕事に従事できるわけではありません。やりたい仕事は上司や同期に奪われてしまって、自分はやりたくもない仕事をしながらいつかはやりたい仕事ができるだろうと我慢しなければならない場合もあります。しかし、エンジニアになったからには自分のやりたい仕事に従事したいと考えるでしょう。それこそがエンジニアになる面白さであり、やりたい仕事ができない企業で正社員として働くのは諦めるエンジニアもいます。自分で仕事を選べないのは正社員になると仕方のない点ですが、他の形で雇用してもらえれば状況は一転するのです。

非正規社員として雇用された場合にも勤務する企業の指示に従って仕事に従事しなければなりません。しかし、採用される時点で仕事内容の交渉を行っておけばやりたい仕事ができます。そして、他の仕事を任せられるようになったら辞めて次の仕事先を探すという方法を選べるのです。非正規社員は採用されやすく辞職しやすいというメリットがあるため、自分のやりたい仕事を探しながら働いていくのに適している方法です。エンジニアとしての能力を最大限に生かせる仕事を見つけながら働いていくという形を作り上げやすいのが魅力であり、やりがいのある仕事に従事したいというエンジニアがよく選んでいます。